保育目標・内容

■ 保育目標

【子どもらしさを育てる】

 

 ■自分を発揮できる子

  ・人にしっかり甘えられる子

  ・自分で遊びを見つけて元気に遊べる子

  ・自分の気持ちを素直に言える子(やりたい事、苦手な事等)

  ・その子の持ち味を生かし、活動できる子

 

 ■人のことを考え助け合える子

  ・困っている人がいると、手を貸してあげられる子

  ・人に気持ちを込めて「ありがとう」「ごめんね」が言える子

  ・年齢・障がい・国籍等を超えて、人と楽しさを共感できる子

 

 ■自分で物事を試そうとする子

  ・自分で考えて行動できる子

  ・何でもやってみようとする子

  ・どんな事も諦めず最後まで頑張る子

 

 

【求められる保育士像】

  ・可愛さを実感し丸ごと子どもを理解する人

  ・子どもの良さを親にしっかり伝えられる人

  ・子どもに大人の価値観を押し付けない人

  ・子どもの発達を個別性を持って見れる人

  ・子どもの気持ちと共感できる人

 

 

■ 保育内容

― 保育所は子ども・お父さん・お母さんを応援します ―

 

こんな保育をしています

クラスや時間の枠にとらわれることなく、子ども達が伸び伸び楽しく遊び、年齢、個性、性差、障がい等を超えて刺激しあい、育ち合うことを大事にしています。又、子どものありのままの姿を肯定的に受け止め、意欲や自主性を伸ばしていける保育を大切にしています。

 

すいせい保育所の保育

乳児から学童児(4年生)までが、クラスの壁が無く、好きな場所・好きなお友達・好きな先生と遊び、食事も各テーブルにさまざまな年齢が集まり、大皿から個々の皿におかずをとりわけ、夕食後はお風呂にも入ります。一日を家庭的な雰囲気で過ごしています。

 

特別支援保育

ハンディを持っている子も持っていない子も皆、すいせい保育所の仲間。お互いを理解し、個性を伸ばして行きます。

 

☆姉妹園との交流☆

姉妹園の「つばさ・やまびこ・ときわの森保育所」との交流(合同の合宿 や、年長児交流)を通して幅広い経験をしています。

 

地域との交流

けいせい苑訪問など、世代を超えた交流をしています。

 

 

すいせい保育所は卒園のない保育所です。在籍している利用者にはもちろん、卒園・退所した利用者の方がたにも、「いつでも帰ってきてね!」と言う思いを大切にしています。

 ―すいせい児童保育センター職員一同―